お問い合わせ・ご予約

海に向かって張り出した窓が連なるチューダー風の洋館。
静謐な館内には、ロダンをはじめ、彫刻や西洋版画、
仏像美術など摩訶不思議な空気が漂っています。
設立:
明治後期築
旧邸:
旧サンセン邸
歴史・建築様式
歴史・建築様式
歴史・建築様式

山手八番館(旧サンセン邸・明治後期築)は、サンセン氏の自宅として建設された洋館です。海に向かって台形の張り出し窓が連なる個性的な外観で、柱や梁、筋交いなどの骨組みが外部に現されたハーフティンバーと呼ばれる様式や、曲線を描くように石を積み重ねたアーチ状の梁のある開口部などが特徴的なチューダー風の館です。このアーチ状の入口を入った所で、素敵なステンドグラスがお迎えします。

展示
展示
巨匠の彫刻、版画、アジアの仏像などを一堂に

山手八番館の館内には、彫刻の三大巨匠でありますロダン、ブールデル、ベルナールの傑作、さらに希少なルノアール晩年のブロンズ像が展示されています。2階には日本の仏像の原点となったガンダーラの2世紀の頃の仏陀坐像やレリーフ(浮き彫り)、黄金に煌くタイの仏像など仏教美術上貴重な作品の数々、原始彫刻など圧倒的な数量を誇って展示しています。入口に立つ巨大な仁王像も、展示テーマである立体造形のプロローグであったと納得していただけるでしょう。さらに、ピカソら現在のキュビズム(立体主義)に多大な影響を与えたと言われている東アフリカ・マコンデ彫刻の数々、壁面にはレンブラント、デューラー、近代を代表する画家たちの版画、イギリスの風刺画家ホガースのドラマ仕立ての連作版画等、多様な造形の美を堪能していただけます。

みどころ
みどころ
願い事が叶うと云われている 「サターンの椅子」
  • ローマ神話の五穀豊穣の神、サターンの彫刻が施された不思議な一組の椅子
    (サターン=サートゥルヌス・ギリシャ神話ではクロノス)
  • 豊穣をもたらす神の名に因み「願い事が実り叶う椅子」と伝えられています。
  • 女性は向って右側に、男性は左側に座ります。
  • 19世紀頃に制作され、元々はイタリアの教会にあったものと云われています。
基本情報
住所: 〒650-0002 神戸市中央区北野町2丁目20-7
TEL: 0120-888581

うろこの家グループごあんない

うろこの家
うろこの家
うろこの家美術館
うろこ美術館
山手八番館
山手八番館
北野外国人倶楽部
北野外国人倶楽部
坂の上の異人館
坂の上の異人館
英国館
英国館
洋館長屋
洋館長屋
ベンの家
ベンの家
神戸トリックアート 不思議な領事館
神戸トリックアート 不思議な領事館