お問い合わせ・ご予約

異国で憩い、集った外国人の賑わいが
伝わってくるような重厚なサロンを再現。
往時の調理器具が並ぶ
オールドキッチンは必見です。
設立:
明治後期築
旧邸:
旧フューガ邸
歴史・建築様式
歴史・建築様式
異文化交流の先駆け。
神戸に集った外国人の華やかな社交場

北野外国人倶楽部(旧フリューガ邸)は、明治後期建築の木造2階建て、切妻屋根、外壁は2階部分に木の柱を外部にあらわしたハーフティンバー風の外観です。最後の住人は貿易商ハンセンです。
入口にライオンの石像があったことから「ライオンハウス3号館」と呼ばれていた建物で、開港当時からの外国人の社交場・会員制倶楽部を再現しています。広い敷地に建てられた邸宅は、2カ所に階段が設けられ、部屋数も多く、音楽室や寝室、中2階には使用人室も再現しています。入ってすぐの広いリビングには、貴族が使用した重厚な家具調度品を配置。その中でも、ひときわ歳月に磨かれ落ち着いた輝きを見せている大型の暖炉は、17世紀のフランス貴族の館にあったもので、天井まで達する繊細で細かな百合紋様の彫刻の施された木製暖炉です。

展示
展示
聞こえてきませんか、当時の華やいだ社交場・倶楽部の賑わい

ここでは、銅製の調理器具などが並ぶ、薪炭時代の古いキッチンを見ることができます。ノスタルジックな館内に調理場からおいしそうなステュー(シチュー)の香りが漂ってきそうです。
2階のアンティークのオルガンの部屋では、6世紀に教会用にまとめられた「グレゴリオ聖歌の楽譜」が展示されています。「グレゴリオ聖歌」は、ローマカトリック教会の典礼(儀礼)に歌われる聖歌で、展示品は現在の五線譜ではなく、「四線ネウマ譜」と呼ばれる記号で表されています。
また、庭には、1890年頃に荘園領主が使っていた馬車があります。

みどころ
みどころ
当時の暮らしに想いを馳せる、優雅なサロンを再現
  • ブルボン王朝の貴族の館にあった天井まで届くほどの大きな『木製暖炉』
  • 銅製の鍋や杓が並ぶ薪炭時代の『オールドキッチン』
  • 1890年ごろのフランス製、ノルマンディ地方の貴族が使用していた馬車を庭に配置
  • ルネサンス時代に記された『グレゴリオ聖歌の楽譜』を展示
「レンタルドレスサービス」をご利用いただけます。

8館プレミアムパスご購入の特典「無料ドレスサービス」をご利用いただけます。
ドレスは50着以上ご用意。アクセサリーもコーディネート。ドレスアップの後は、庭のミニ礼拝堂で写真撮影をお楽しみください。

基本情報
住所: 〒650-0002 神戸市中央区北野町2丁目18-2
TEL: 0120-888581

うろこの家グループごあんない

うろこの家
うろこの家
うろこの家美術館
うろこ美術館
山手八番館
山手八番館
北野外国人倶楽部
北野外国人倶楽部
坂の上の異人館
坂の上の異人館
英国館
英国館
洋館長屋
洋館長屋
ベンの家
ベンの家
神戸トリックアート 不思議な領事館
神戸トリックアート 不思議な領事館